通常・アダルト掲示板両方使うなら掲示板検索表示をオフにしよう

2019年9月10日

あなたは通常・アダルトどちらの掲示板を使いますか?

ハッピーメールのWeb版で出会いを求める場合は通常掲示板と

アダルト掲示板の二つの種類に別れていますね。

更にアプリ版ではプロフからメッセージを送るタイプが増えていて、

アプリ版を合わせれば、事実上は3つの種類と言えるでしょう。

 

今回は掲示板のお話をするのでアプリ版は割愛して書いていきます。

 

アダルト要素は基本的に何でもアリのアダルト掲示板。

あなたは通常掲示板とアダルト掲示板どちらをよく使いますか?

 

僕の今までの累計では圧倒的にアダルト掲示板で出会った回数が多いですが、

マッチングシステムがアプリとして導入されてからは、

真剣にプロフから出会いを求めていこうかな?なんて思ってます。

 

2015年~2019年時点でハッピーメールやマッチングアプリもご無沙汰してて

全然出会いをしてなかったので、そろそろやってみてもいいかなと。

 

通常掲示板とアダルト掲示板の2015年くらいまでの利用比率は1:4くらいの割合だったんですが、

今となっては1:10くらいの割合で圧倒的にWeb版では通常掲示板は過疎化になりつつあり、

出会いの要素としてはあまり機能してないんじゃないかと思っています。

 

アダルト掲示板の盛況ぶりを見ると、やはり出会い系マッチングサイトは

まだまだ需要があるんだなーって思います。

僕もたまに使ったりするのでアダルト掲示板は残っててほしいですね(笑)

 

それでも僕は「田舎で」通常掲示板で出会った経験は何度かあるので、

完全に過疎化しているのかというと、0%ではないと。

まあそれよりもピュアな出会いを求めるならば今はアプリ版をオススメします。

 

前置きが長くなりました。本題に入りましょう。

アダルト掲示板を使う場合に気をつけたいこと

あなたがWeb版でアダルト掲示板を使っている場合に気をつけてほしいことが1つあります。

 

あなたがアダルト掲示板と通常掲示板両方を使いたい場合、

設定を変えて欲しい箇所が1つあるのです。

 

プロフ検索・公開設定で、掲示板の公開をすべてオフにする。

これだけです。

 

説明すると、デフォルト設定状況では、自分が書き込んだ投稿内容が

いかなる掲示板であっても相手にバレてしまうからです。

 

あなたがアダルト掲示板で「今からホテルで遊びませんか」と書いていて、

通常掲示板で「真剣な出会いを求めています」なんて掲示板に書いてたら、

相手からは「遊んでるじゃん何言ってんねんコイツ」ってなる訳ですよ。

 

真剣に恋人を探しています!と猛アピールしているのに、

アダルト掲示板で遊びませんか?と投稿しているのが筒抜けなので

コイツ遊んでるじゃねーか何が真剣だよバカじゃねーのと蹴られてしまうと。

 

そうならないように、プロフ検索されたときにでも、

あなたが書いている掲示板を見えないようにする必要があると。

 

この人は真面目に募集してる割にはあっちで遊んでるのねと思われ、敬遠される可能性大です。

そうなる前に、必ずプロフ検索・公開設定を済ませましょう。

掲示板書き込み履歴を公にしないように設定する

プロフ検索・公開設定をすることで、あなたがどの数掲示板に書き込んでいるか

わからないようにすることが出来ます。

表示されるのは大元の掲示板のみですので、

沢山書き込んでいる姿を見せたくない場合に便利です。

 

2019年のNewVerで説明します。

1.右下のマイページをタップします
2.右下の各種設定をタップします。
3.プロフ検索・公開設定をタップします。
4.赤枠のチェックをすべて外した状態またはピュア(通常)掲示板のみチェックを入れて変更をタップします。

1.マイページ

2.各種設定

3.プロフ検索・公開設定

4.ノーチェックもしくはピュア掲示板のみにチェック

5.変更をタップ

 

これだけでOKです。これであなたがアダルト掲示板で書き込んでいたとしても、

内容を相手に見られず表向きではピュアで清楚な状態を作れます。

 

この設定機能は一昔前は無かったんですよ。

これができたおかげでアダルト掲示板に自分が投稿した内容を

いちいち削除する必要が無くなったのも◯です。

 

女性でもプロフには真剣な出会いを探していますと書いていながら

アダルト掲示板にめちゃくちゃ書き込んでたりしますからね(笑)

まとめ

知っているか知らないかで、効率よく使えますので、

まだ設定していない場合はすぐに設定してくださいね。

 

アダルト掲示板を使わない場合は設定しなくて大丈夫ですが、

設定場所は覚えておいて損はありません。